TopPage

 

 

 


AMEXプラチナとVISAプラチナ

photo VISAプラチナ(2000,2002,2003)

 

 
 プラチナカードは,その上位に位置づけられるブラックカードが日本でも発行され,以前ほどの稀少性,ステータス性はなくなり,代わりにサービスそのものの費用対効果が求められている側面もあると思われる。一方,年会費5万円や8万5千円で何を期待できるかという部分も否定できない事実であるし,過大な期待を抱いてしまい,逆にがっかりしてしまうということも恐らくあり得る話だろう。

 ここでは,AMEXプラチナカードとVISAプラチナカードについて,各種サービスを比較してみた。なお,リファレンスとしてそれぞれに対応するゴールドカードのサービスも併記してみた。サービス比較は下表に示したが,基本機能,アシスタンスサービス,付帯サービス(物,T&E,付帯保険)という形でそれぞれ比較を行った。内容にはいずれのカードにもないサービスを記載した項目もあるが,他社カードにあるサービスで付帯して欲しいという個人的な希望を入れてみたと考えていただけたら幸いである。

 さて,サービス比較になると,総合的には付帯保険のアメックスプラチナと海外サービスに力を入れているVISAプラチナという印象を持つ方もいらっしゃるのではないだろうか。ただ,T&Eカードとしては,さすがにアメックスに一日の長がある感じである。VISAプラチナに関しては,一応,アジア太平洋地域の共通サービスを付帯しているが,国内での参加カード会社が1社しかないせいか,他国と比較してみても,貧弱な面は否めない。例えば,2003.11にサービスが解除されたVPCC(ビザ・プラチナ・カスタマー・センター)や他国で見られる航空会社のサービスプログラムなどである。ただ,2004年から三井住友でも付帯サービスにテコ入れを行い,国内ではアメックスセンチュリオンカードしかサービスがなかった「priorty pass」を選択制サービスであるものの付帯させたことは特筆できるだろう。同じ選択制サービスとして専門医紹介サービスも同時にスタートすることになっている。これらのサービスに加え,従来のサンクスプレゼントが食の逸品プレゼントとして名称が変更され,上記の2つと併せ,1つ選択できるようになっている。ただし,追加料金として1万円を負担すれば,2種類の選択が可能になるし,2万円だと3種類共にサービスを付帯させることも可能である。これらのサービスを見ると,Priorty Passはアメックスセンチュリオンと同じサービス,専門医紹介サービスはダイナースプレミアムカードと同じサービスを提供するという点においては,国内で唯一,VISAプラチナを発行している三井住友の方向性が窺えるような気もする。アメックスプラチナは,やはり付帯保険が素晴らしい。特にスポーツ保険や家庭用電化製品等の動産保険あたりは,8万5千円の年会費に相当するような保険といえるのではないかと思う。他ではアメックスならではの高級ホテルに強い点,また,FHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)やSLH(スモール・ラグジェアリー・ホテル)あたりをサービスに持ってくる点などは,T&Eカードにふさわしいと思われる。VISAプラチナについては,唯一,VISA Platinum Clubによるホテル優待プログラムがあるものの,優待や対象ホテル数という点に置いては,今ひとつ感がある。

 アシスタンスサービスでは,実際のパフォーマンスはさておき,VISAプラチナの24時間コンシェルジュサービス(委託先:ツーリスト・インターナショナル・アシスタンス会社)は大きなサービスと思われる。残念ながらVPCCとの契約が解除されたのはマイナス点であるが,それでも24時間の専用デスクは,有り難いサービスと言えるだろう。VPCCがアシスタンスを担当していたときには,E-mail,FAX,電話という選択肢から各種依頼が可能であった点からすると,現在のアシスタンスサービスからE-mailは未対応となっているためサービスダウンは否めないが,オーストラリアのシドニーに拠点があったVPCCから日本国内にサービス拠点が移転したと考えれば,その点を十分に活かして欲しいと思う。しかしながら,アシスタンスサービスについては,最近ではWebで可能なことが増えているため,委託とはいえ,こういったアシスタンスサービスも質が問われてくるだろう。例えば,Webでは不可能なレストランの予約であったり,小規模なT&Eサービスについてのきめ細かい予約業務といったものが,人によるアシスタンスサービスの領域ではないかと思われる。

 カード個別の評価については,年会費が異なることやサービスの数値化が難しいこともあって,このページでは記載しなかった。プラチナカードが気になる方は,ゴールドカードを取得してプラチナを目指してもいいと思う。まずは持ってみて合うか合わないか,また,費用対効果が得られるかどうか,確認するのが手っ取り早い方法だろう。それから,AMEXプラチナとVISAプラチナでは,入会審査基準が異なる点,年会費の違い,AMEXブランドVISAブランドとの違い等を考えると,同じプラチナを名乗っている点以外は方向性も多少異なる別なカテゴリーのカードと思えるような気がする。このあたりは,ブラックカードであるAMEXセンチュリオンとダイナースプレミアムとの関係に似ているような気がする。また,三井住友VISAプラチナカードについては,幅広いサービスが他にもあるが,当ページでは極力T&E系サービスに絞って比較を行った。取得の際の参考になれば幸いである。

 なお,各種サービスについては,サービスがこれから始まるものは表に記載し,近い内に廃止が決まっているサービスについては表から除いたので,注意されたい。前回の更新からの相違では,2003年末12月で廃止になった三井住友VISAプラチナのSPG-G(STARWOOD PREFERRED GUEST GOLD),Asia-Pacific VISA PlatinumのHilton HHonors Gold VIPの無料1年間付帯廃止とAMEX Platinumについては,シートベルト保険が既に廃止になっていたという情報提供を受け修正を行った。

 VISA Platinumのサービスに関しては,Asia-Pacific VISAのWeb Siteに最新の情報の掲載がある。日本語版の当該VISA PlatinumのWeb Siteもあるが,更新はかなり遅い。三井住友VISAプラチナサービスについては,三井住友カードのWeb Site等を参考にされたい。American Express Platinum Card(AMEX Platinum)に関しては,USのWeb Siteが詳細な情報を提供している。

AMEX Platinum,VISA Platinum及びAMEX Gold,SMC VISA Goldサービス比較表

最終更新日 2004.2.21
更新履歴 2003.12.23,2004.2.21

Copyright (C) 1999-2004 parasol-maker,”michelin@zmail.plala.or.jp”, All rights reserved.

 


 

 

AMEX Platinum,VISA Platinum及びAMEX Gold,SMC VISA Goldサービス比較表

サービス項目 AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
年会費(円,税抜き) 85,000 22,000 50,000 10,000
本会員入会条件 18歳以上 18歳以上 35歳以上及び
Gold歴1年以上
30歳以上
年収500万円以上
カード取得方法 勧誘 申込み 勧誘・申込み 申込み
各種提携カード 有り
各種サービス提供会社 アメックス
及び提携先
アメックス
及び提携先
三井住友
及び提携先
VISAインター
三井住友
及び提携先
基本機能 AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
年会費無料対象範囲 家族・親族
その他の者
生計を共にする者 配偶者
家族会員支払い口座別途設定
(パーソナルアカウント)
有り 有り
リボカード コンパニオン コンパニオン リボカード リボカード
サービスカード Master Gold Pt
(年会費無料)
ETCカード 有料 有料 無料 無料
カードフェイス選択 (1)グラデーション
(2)ブラック
ショッピング枠 個別 個別 300万円- 70-200万円
支払日設定 1,10,26
(金融機関の都合)
1,10,26
(金融機関の都合)
10,26
(大部分カバー)
10,26
(大部分カバー)
アシスタンスサービス AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
デスク対応 24時間 9:00-17:00(平日) 9:00-17:00 9:00-17:00
トラベルサービス 24時間 デスク対応
10:00-18:00(平日)
10:00-14:00(土)
24時間 デスク対応(平日)
海外デスク
(360日)
コンシェルジェサービス 24時間 24時間
忘れ物検索サービス
海外商品検索・購入サービス
海外各種手配(国内:渡航前) プラチナカード
アシスト
(1)三井住友VISA
プラチナ
コンシェルジュ
デスク
(2)VISAジャパン
デスク東京
VISAジャパン
デスク東京
海外各種手配(海外:旅行中) オーバーシーズ
アシスト
オーバーシーズ
アシスト
(1)三井住友VISA
プラチナ
コンシェルジュ
デスク
(2)VISAジャパン
デスク
VISAジャパン
デスク
付帯サービス(物) AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
YEAR END SUMMARY 有り 有り 有り
会員誌 DEPARTURES
(4回)
IMPRESSION
GOLD
(12回)
VISA
(10回)
VISA
(10回)
プレゼント 誕生日 グルメ(*選択制)
カレンダー 申込み
手帳 申込み
ギフトカード 利用額の0.5%
付帯サービス(T&E) AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
エアラインサービス (1)アップグレード
(2)無料コンパニ
オン
国内空港ラウンジ 10ヶ所 7ヶ所 22ヶ所
+Priority Pass
29ヶ所
22ヶ所
海外空港ラウンジ Presidents Club,
World Clubs,
CROWN ROOM
CLUB等
92ヶ所
有り
(未確認)
priorty pass
450ヶ所
(*選択制)
その他ラウンジ ホノルル(1ヶ所)
USJ(1ヶ所)
ホノルル(1ヶ所)
レンタカー Hertz No.1
Club Gold
Hertz No.1
Club Gold
FFP
FSP SPG-Gold
会員制クラブ セントジェームス
クラブ(London)
ダイニング優待 (1)ダイニング・
ア・ラ・カード
(2)ファイン・
ダイニング
BON APPETIT
Club
料亭予約
レストラン予約 ファイン・
ダイニング
(1)BON APPETIT
Club
(2)ゴールド
レストラン予約
ゴールド
レストラン予約
国内ホテル優待 (1)優待券
(2)スイートルーム
(1)優待券
(2)スイートルーム
(1)優待券
(2)プラチナ
ホテル優待
(3)ゴールド
ホテル優待
(4)ゆうゆう
(1)優待券
(2)ゴールド
ホテル優待
(3)ゆうゆう
海外ホテル優待 (1)FHR
(2)SLH
Platinum Club
付帯サービス(保険) AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
ショッピングプロテクション(万円) 500 500 500 300
〃(免責:円) 10,000 10,000 3,000 3,000
〃(期間:日) 90 90 90 90
〃(適応) 全世界 全世界 全世界 全世界
ワランティプラス 年間50万円
ホームウェアプロテクション
(限度額はワランティと合算)
年間50万円
シートベルト(万円)
クレジットセイバー リボ払い△
最高100万円
リボ払い△
最高100万円
損害賠償保険
(交通事故を除く)
1億
ゴルファー保険(全世界)
死亡・後遺傷害保険(万円)
1,000
〃入院保険金日額(円) 15,000
〃通院保険金日額(円) 10,000
〃第三者賠償保険(万円)
*損害賠償保険と連動
30
免責(1千円)
〃用具損害保険(万円) 10
〃ホール・イン・ワン
アルバトロス費用保険(万円)
30
(国内のみ)
テニス保険(国内)
死亡・後遺傷害保険(万円)
250
〃入院保険金日額(円) 3,750
〃通院保険金日額(円) 2,500
〃第三者賠償保険(万円)
*損害賠償保険と連動
50
〃用具損害保険(万円) 10
スキー保険(国内)
死亡・後遺傷害保険(万円)
500
〃入院保険金日額(円) 5,000
〃通院保険金日額(円) 2,500
〃第三者賠償保険(万円)
*損害賠償保険と連動
50
〃用具損害保険(万円) 10
ファミリー賠償保険
付帯サービス(旅行保険) AMEX Platinum AMEX Gold VISA Platinum SMC VISA Gold
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害保険(万円)
5,000 5,000 5,000 5,000
〃(通院費:円) 5,000 2,000 2,000
〃(入院費:円) 3,000 5,000 5,000
〃(手術費:万円) 20 20 20
〃(賠償責任:万円)
〃(携行品損害)
〃(自動付帯)
〃(家族特約)
国内航空便遅延保険
(利用付帯)
〃乗継遅延費用(万円)
2
〃手荷物遅延費用(万円) 2
〃手荷物紛失費用(万円) 4
〃出航遅延・欠航
・搭乗不能費用(万円)
2
海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害保険(万円)
5,000 5,000 1億 5,000
〃(傷害治療:万円) 1,000 300 500 150
〃(疾病治療:万円) 1,000 300 500 150
〃(携行品:万円)
〃(免責:円円)
100
3,000
50
3,000
100
3,000
30
3,000
〃(賠償責任:万円) 5,000 4,000 5,000 3,000
〃(救援者費用:万円) 1,000 400 500 100
〃(自動付帯)
〃(家族特約)
〃(家族特約対象範囲) 生計を共にする
同居の親族
生計を共にする
同居の親族
生計を共にする
同居の親族
別居の未婚の子
生計を共にする
19歳未満の子
海外航空便遅延保険
〃乗継遅延費用(万円)
2
〃手荷物遅延費用(万円) 2
〃手荷物紛失費用(万円) 4
〃出航遅延・欠航
・搭乗不能費用(万円)
2
外貨盗難補償保険
海外旅行傷害保険(家族特約)
死亡・後遺障害保険(万円)
5,000 5,000 2,000 2,000
〃(傷害治療:万円) 1,000 300 500 50
〃(疾病治療:万円) 1,000 300 500 50
〃(携行品:万円) 100 50 100 15
〃(賠償責任:万円) 5,000 4,000 5,000 1,000
〃(救援者費用:万円) 1,000 400 500 50
〃(自動付帯)

 

 

inserted by FC2 system