Top Page

 

Centurion Card from American Express

 

      想像の外側に、

         無限の可能性がある。       

 

そしてその可能性は、今あなたの手の中に。

地球上でごく限られた方しか持つことができない一枚、

センチュリオン・カード。

伝説を作るのは、他でもないあなたです。


           

 上記,文言は,American Expressから送られてきたInvitation Kitの中にあります。いきなり黒いバインダーをAmEx Platinumホルダー宛に送りつけて,Centurionカードを勧誘する方法は”アメックスならでは。”という気がしないでもありません。日本では,2002年12月に日本支社としてAmEx Centurion Jpnが正式に発行されたとのことのようです。黒いバインダーの重さは,およそ1.5kgで,かなりの重量感があります。以下のphotoは,クレジットカードミシュラン”Rare Premium Card Forum”の常連の方から提供された物を元に,デジカメで撮ってみたものです。現在は,Invitationの方法も比較的簡易になされているようですが,リリースされた当時は,かなりのインパクトがあったのは事実のようです。Fig.9 & 11の画像は,クリックすると大きな画像が楽しめます。

 なお,本pageは,Rare Premium Card Forumの登録者向けに2003.2.4に遊びで作成したものですが,資料提供があったものを眠らせておくのも勿体ないと思い,今回,一般に公開するに至りました。提供して下さった常連氏に感謝申し上げます。

最終更新日 2004.2.21
更新履歴 2003.2.4,2004.2.21
 

Copyright (C) 1999-2004 parasol-maker,”michelin@zmail.plala.or.jp”, All rights reserved.

 

Fig.1 バインダー形式のセンチュリオンキット
(上:黒い段ボール,左:案内,右:バインダーのケース外箱,下:本体)

Fig.2 バインダーを開いたところ

Fig.3 バインダーを完全に開いたところ

Fig.4 バインダーの中心にカードが鎮座
(残念ながら,カードを鎮座させての写真は無理でした。)

Fig.5 バインダーの右側には,CRAD MEMBERS GUIDEとAPPLICATIONSのホルダーが

Fig.6 バインダーの左側には,アポロ11号がいた

Fig.7 アポロ11号



Fig.8 アポロ11号の裏にはセンチュリオンがあった

Fig.9 アプリケーションガイド

Fig.10 センチュリオンカードガイド(AC用)

Fig.11 センチュリオンネームタグ

inserted by FC2 system